豆知識

鍋の豆腐、どっちがいい?『木綿豆腐』と『絹ごし豆腐』の使い分け!

 

「豆腐」は、鍋料理において重要な役割を果たす食材です。

買い物リストに「豆腐」と書いても、スーパーでどの種類にするか迷ったことはありませんか?

鍋料理にはどの豆腐が良いのか、その選び方を詳しく説明します。

 

 

鍋料理に最適な豆腐

スーパーでよく見かけるのは、木綿豆腐絹ごし豆腐です。

鍋に入れる際、どちらが最適か考えたことがありますか?

実は、「どちらでも良い」というのが正解です。

これに驚かれる方も多いかもしれませんが、それぞれの豆腐に合った鍋料理が存在するからです。

もちろん、個人の好みも影響しますが、私の使い分け方は以下の通りです。

木綿豆腐 絹ごし豆腐
キムチ鍋
すき焼き
トマト鍋
みそ鍋
とんこつ鍋
しゃぶしゃぶ
水炊き
湯豆腐
寄せ鍋
もつ鍋

実際には、どちらの豆腐を使っても美味しくなると思います。

参考程度にお考えください。

 

木綿豆腐の特徴

木綿豆腐の特徴は、その密度の高い食感が特徴です。

少し硬めの質感のため、長時間煮込んでも形を保ちます。

豆の風味が濃厚で、絹ごし豆腐よりも豆の本来の味わいを楽しめる点が魅力です。

出汁の風味がしっかりと染み込み、風味豊かな鍋料理に最適です。

木綿豆腐の深い味わいと出汁の相性が良く、絶妙な味覚体験を提供します。

 

絹ごし豆腐の特徴

絹ごし豆腐の特徴は、その滑らかな口当たりです。

豆乳を固める際に特別な凝固剤であるグルコンデルタラクトン(GDL)を使用することで、なめらかで柔らかい質感が実現されています。

口に入れると溶けるような優しい食感を楽しめます。

私は、絹ごし豆腐をさっぱりした鍋料理に相性が良いです。

木綿豆腐よりも味の吸収が控えめですが、それが鍋の味を損なわずに済む秘訣です。

絹ごし豆腐はシンプルな出汁との相性が抜群で、サポート役として活躍します。

 

 

豆腐の煮崩れ防止テクニック

豆腐を鍋料理に使用する際、崩れにくくするための工夫があります。

 

【塩水処理をする】
豆腐を約20分間、塩水に浸すと煮崩れしにくくなります(水で豆腐を覆い、大さじ1の塩を溶かします)。

塩水に浸した後は、キッチンペーパーで水気をしっかり拭き取ってから鍋に入れてください。

 

【斜めにカットする】
豆腐を直方体ではなく、斜めに切ることで形がより保ちやすくなります。

 

【水抜きをする】
豆腐の水分を抜くことも崩れにくくする方法の一つです。

豆腐をキッチンペーパーで包み、重りをのせて約30分間放置します。

 

 

豆腐入れるタイミング

豆腐を鍋に加える最適なタイミングは、他の具材の硬さや煮込む時間に依存しますが、通常は短時間で火が通る食材と同時に入れるのが良いです。

もし豆腐が崩れやすい場合は、他の具材がほぼ煮えた後に加えると良いでしょう。

強火での調理は豆腐が崩れる原因になりますので、鍋が沸騰した後に火を弱めてから豆腐を加えると、崩れにくくなります。

 

 

まとめ

鍋料理に合わせて、木綿豆腐と絹ごし豆腐を使い分けることがおすすめです。

異なる種類の鍋料理や個々の好みに応じて、以下のように選びます

・木綿豆腐は味の吸収を重視した鍋に適しています。
・絹ごし豆腐は豆腐特有の風味を楽しみたい鍋に適しています。

これらのポイントを考慮すると、濃い味の鍋には木綿豆腐、淡泊な味の鍋には絹ごし豆腐が相性が良いとされていますが、最終的には自分の好みに合った豆腐を選ぶのがベストです。

-豆知識